業務用食器の選び方とは|食事は目から楽しむもの

種類と色の選び方

料理をより美しく

食器

レストランを立ち上げる際、様々なアイテムを揃えないといけませんが、中でも業務用食器はとても重要です。
業務用食器の選び方によって、料理の印象が変わるからです。
そこで初めて業務用食器を買い揃える人の為に、知っておいて頂きたいポイントを紹介します。
まず、業務用食器のタイプについて取り上げたいと思います。
最も多くの料理に使用されるタイプは、平皿です。
平皿はサラダ用、パン用、そしてディナー用の3タイプが基本と言われております。
特にディナー皿は、メイン料理を盛り付ける皿として最も活躍します。
従いまして、サイズも含めて数多く購入しておきましょう。
サラダ用とパン用の皿は、ディナー皿よりも一回り小さいサイズです。
食後のデザートにも使用することが出来ます。
スープ皿も、平皿同様によく使用されます。
スープ料理の他にも、スパゲティやカレーライスなどにも使用します。
その他にも、ボウルタイプの皿があります。
このタイプの皿は、主にサラダを入れる目的で使用します。
比較的深さがある皿なので、いろいろな野菜を使って見た目の美しさをアピールする事も可能です。
続いて、業務用食器の色について説明します。
料理をより美しく見せるには、白が一番お勧めです。
白は、洋服などのアイテムにおいても清潔感を与えますが、業務用食器でも同様でして、品の良さを感じさせてくれます。
また料理の色合いが少ない場合、業務用食器皿に色が付いているタイプを使用する事も良いでしょう。
例えば、料理とは異なる色の皿を用意すれば、カラフルになるうえに料理を引き立てる効果もあります。

食器は多めに準備を

食器

飲食店を開業する際に必要になる備品はたくさんありますが、食器類もその1つです。
飲食店で使用する食器は一般的なお店でも購入することはできますが、できれば業務用食器を取り扱っているお店で購入しましょう。
理由は、飲食店では同じ食器が一般家庭では考えらないほどの量が必要になるからです。
飲食店を開業する際に、必要な食器数は席数の約3倍と考えられています。
もちろん、飲食店とはいってもラーメン店かカフェか高級レストランかによっても違い、準備する数はお客さまの回転数によっても異なります。
しかし、目安としては席数の約3倍の食器類を準備しておくとお客さまが混み合っても安心でしょう。
そこで大量に同じ食器類を購入するときは、一般のお店ではなく大量注文に応じている業務用食器のお店に注文しましょう。
業務用食器のお店は、インターネットで検索をすると簡単に見つけられるのでホームページを覗いて、どんな食器類を取り扱っているのかを確認しましょう。
開業する飲食店のイメージに合う、食器類を取り扱っているのか、どれぐらいの価格帯の食器類を取り扱っているのかを細かく見ていきます。
業務用食器のお店には、低価格の食器類を豊富に取り扱っているところから一皿数千円する高級食器類を取り扱っているところなどさまざまです。
そして、業務用食器のお店では、食器類の販売だけでなくコーディネートの相談にも応じていることもあるので相談しながら購入しましょう。

デザインや予算での注意点

食器

料理を盛る業務用食器は、飲食店を開業しようとしている業者にとって、慎重に選びたいアイテムと言えます。
器のデザイン次第で、料理の見栄えも変わり、与える印象が大きく違ってくるからです。
和や洋といった料理のジャンル、店全体の雰囲気やコンセプトなどに合った、デザインの業務用食器を選ぶことが大切です。
資料やサイトでもデザインは確認できますが、角度や光の当たり具合などによっても、見え方が異なるケースもあり、実際に手に取って自分の目で見ることをおすすめします。
店舗が遠かったり、ネット販売業者などの場合は、業務用食器の実物を確認できないこともありますが、サンプルの貸し出しなどで対応しているところもあります。
こうしたサービスを利用し、納得いくまで比較検討を重ねましょう。
また、予算の中でうまく選択していくこともポイントになります。
既存店舗の買い替えなどの場合は資金に余裕があり、選択肢も広くなりますが、新規開業で予算が限られているようなケースでは、賢く購入する工夫が必要になるでしょう。
複数業者から見積もりをとり相場を把握して、できるだけ安いところを探すのはもちろん、積極的に値引き交渉をするなども考えられます。
さらに、一定の数以上を注文すると割引があったり、送料が無料になったりするような業者もあります。
こうしたまとめ買い優遇キャンペーンなども活用し、節約しつつニーズを満たした業務用食器を手に入れたいものです。

ネットで申し込める

店員

飲食店経営をうまくいかせるためには、コンサルティング会社に協力をしてもらった方がいいかもしれません。ホームページから問い合わせをしてみましょう。また、売上表などの必要書類を用意しておいた方が無難です。

もっと読む

基礎から学べる点が魅力

カップ

カフェを開業したいと思う人が増えています。開業するにあたり、専門学校に通う人も増えてきました。カフェコースは、コーヒーを特に教えることが多いという点、フードの授業があることが多いという点、経営の授業もあるという点に特徴があります。

もっと読む

安く備品をそろえる

店舗

業務用食器はコストが安く、同じ物が大量にそろうという点で便利です。食器は料理の見た目を大きく左右するものなので、こだわって選ぶのがよいですが、費用が高くなってしまいます。業務用食器ならばコストを抑えることができます。

もっと読む